サツラクのポリシー
原料に優る製品はなし

「丹精込めた新鮮な生乳」こそ、美味しい牛乳・乳製品に不可欠な原料です。

このポリシーに則って、サツラクでは組合員(酪農家)が土づくり、草づくり、牛づくりにこだわり、生乳の生産から加工、販売まで一貫して行い、愛情を込めて製品化しています。まさに愛情100年品質、そして真の意味での産地直送です。

サツラクはこれからもその歩みを進めていきます。

サツラク農協酪農家の取り組み サツラクの工場の取り組み
愛情100年品質画像
健土健民画像
健土健民 サツラクのこだわり「健土健民」

「健やかな大地からの恵みにより健やかな人々は育まれる」という意味を持つこの言葉は、サツラクが一貫して大切にしてきた言葉であり、ポリシーでもあります。

健やかな大地でのびのびと育てられた乳牛からは、大自然の恵みそのものの生乳が得られます。

愛情100年品質 サツラクの沿革・歩み

明治28年(1895年)、札幌近郊で酪農業を営む10数名により、サッポロビールの工場からビール粕を牛のえさとして共同購入するため、札幌牛乳搾取業組合が組織されました。

毎月4日に会合を開き、最新の酪農談義を展開したことから通称「四日会」と呼ばれました。この組織こそ、現在のサツラク、そして北海道酪農業の礎となった団体です。

四日会は酪農の最新情報や新技術にひたむきな情熱を傾ける一方、札幌酪農組合(略称:札酪)の結成、デンマーク農法の導入など、積極的な実践を展開してきました。

一杯の牛乳に想いを込め、ひたすらに土を愛し牛を愛してきた魂。それは100年以上が経過した今も組合員に脈々と受け継がれています。

ホーム商品案内おすすめショッピングレシピ楽しむ・知る企業案内
お問い合わせサイトマップご利用規約プライバシーについて通販 表記

トップページへ